耐震リフォームするべきかのポイントは

自分の家にリフォームが必要かどうかの基準としては、昭和56年に建築基準法が改正され、新しい耐震基準が定められました。つまり、それ以降に建てられた家は、新耐震基準で設計されていて、阪神大震災でも被害は比較的少なかったと言われています。しかしそれ以前に建てられた家は、現在必要な耐震性能より低い古い基準で建てられているので、耐震リフォーム工事を行なう必要があります。また平成12年にも基準法の改正があり、木造住宅の柱の接合金物の仕様などに関して、更に規定が加えられています。つまり昭和56年以降に立てられた住宅でも、平成12年以前に建てられた木造住宅の場合、新耐震基準は満たしていても最新の性能は満たしていない可能性があります。まずは自分の家の築年数を確認してみましょう。


買取専門の業者に依頼しました。

着物買取福ちゃん

ノニジュースを通販でお買い上げ頂けます

低分子フコイダンの効能を分析してみました